仮想通貨おすすめ取引所!コイン別検索

ビットコインやイーサリアム、ライトコインやネム、リップル等、おすすめの仮想通貨取引所を紹介しています。

暗号通貨の都市伝説は本当か?誘導されているのか・・

暗号通過は突然知名度が上ってきていますね。暗号通貨は「お金に変わるお金」ですがなぜ突然こんなに流通しているのでしょう。

昔にも「お金に変わるお金」はたくさんありました。ちょっと怪しい会社がそういったものを自分の会員にだけ流通させそのお金で商品を買えるようにしていました。

途中問題になり今はそういった商売?詐欺?をする人はあまりニュースでも見なくなりましたよね。

暗号通貨のビットコインも「お金に変わるお金」なるとまことしやかに言われていますがなぜこの暗号通貨だけ皆さん不信感がなく流通してきているのでしょう。

 

暗号通貨にはこのような利点があります。

 

・犯罪防止・・・犯罪防止に繋がる理由は誰が使って誰が貸したか誰が取ったかなど全てコンピューターの履歴に残るので安全だと言われています。

 

・外国への送金は簡単で手数料も安い・・・仮想通貨ですからドルやユーロにする事もなく統一している価値です。また振込もネット環境さえあれば瞬時に送金でき人件費も手間もかからない。手数料が安くなります。

 

・持ち歩かなくて良い

円や札ではないので持ち歩かなくても良いです。携帯で払えるでしょう。未来的にはマイクロチップを手に入れて支払いができることもあるでしょう。

 

上記で上げた利点のみではなく管理者がいないなどの理由も多数あります。現在ではアメリカは手にマイクロチップを入れている人が多数いますが暗号通貨も将来的にはそれで自動販売機でジュースを買ったり食事を買ったりとできるますよね。

また脳にマイクロチップというものを入れればその人が考えた時に手をかざすことなく好きなジュースが落ちてくるでしょう。

暗号通貨は未来的にそういった事をする上で一番適していると言えます。

 f:id:income2000:20180114184835j:plain

暗号通貨の一番怖いのは管理下におかれる事です。お金というのは自分の自宅で密かに持っておくことができますが大きな力が加わった時に全財産を没収されるという怖さがあります。

それは自分の収入がすべて政府など大きな力の管理下に置かれているという事です。良い人間ばかりではないのである意味都市伝説などを見ると恐怖を感じます。

 

フェス◯ックもそうですが個人情報などがネット上にありその人がどういった人なのかハッキングなどに詳しい人であれば見ることができるのではないでしょうか?

暗号通貨がもっと流通すれば財産と個人のデーターがボタン一つで見れる世界がまもなく来ようとしているのではないでしょうか。

そういう世界に誘導されているような気がします。

 

信じるか信じないかはあなた次第です!