事業用賃貸の用途地域は関係があるのか?

Posted by

事業用の賃貸物件を探す際に用途地域を確認しているだろうか?

実は結構需要なことであるがほとんどの方が用途地域を確認しないで契約をしている。たまに事務所利用可能な賃貸物件をとして募集をしている物件であっても用途地域を調べると第一種低層住居専用地域。

低層住居は50㎡以内かつ2分の1を居住のように供さないといけないと書いてある。このような用途地域は基本的に建築する際の建築基準法としてのものであるが役所などに聞くと同様との事を聞く。確かに賃貸店舗があるからと言ってパチンコ屋などが突然閑静な住宅街に来ることはないことを考えれば納得できる。

飲食店、製造業の方は特に用途地域はさらに厳しくなるので賃貸で借りた後に法律上退去せざる負えない状況にならないよう確認が必要だろう。

こういった用途地域は役所などの建築課に問い合わせてくれれば確認ができる。ただ用途地域には例外もあるので図面など細かい情報を持ってくるように言われるのである程度書類が揃えなければいけません。

役所は最終確認で用途地域調べたい場合はネット上からも検索が可能です。グーグルの検索窓に「都市計画情報等インターネット提供サービス」と入力すれば簡単に検索ができます。

これは東京都の都市計画情報サービスであるが地域の住所を入力して検索しお目当ての貸事務所や店舗がある地図の場所をクリックすると左にこのように出てくる。

用途地域のできる業種の分類を調べたい場合はウィキペディアなどで確認ができます。この工程は事業用賃貸で借りる場合は必要なこととして行うと良いだろう。

ちなみに不動産屋さんでも事業用に関して無知な業者さんは思っている以上にいますので不動産屋さんが良いと言ったから借りるという事は避けましょう。後で苦労するのはご自身という事になります。突然役所が来て指摘を受けたという事例はあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です