賃貸 法人契約 審査 落ちる理由は?

Posted by

賃貸の法人契約で落ちる理由は主にどういったものがあるのでしょう。
基本的には通常のように営業をしているような会社であれば審査に落ちることがありません。

しかしこの一般的という言葉は各々の物件を管理している不動産屋、管理会社によって異なるものではあります。

1.家賃に見合っていない事業。

物件の審査ではまず最初に家賃を支払っていける能力があるかを診断します。この支払える能力というのは自身がそう判断するのではなく数字で残されているかが重要になってきます。ここを勘違いされる方が意外といらっしゃいます。

銀行と比べれば審査は甘い方ではありますが損益通算、貸借対照表、販売費などを参考にトータル的な判断となります。支払い能力を審査する上での書類をうまく経費算入で節税をしている会社ですと自身は良くても審査に落ちる可能性があります。審査は大抵保証会社が必須なので保証会社の審査⇒貸主・管理会社の審査という流れになります。保証会社の審査は第三機関で人情では判断しないですから基準をクリアしないと落ちます。。

2.モラル的な判断

例えば会社の担当者の人柄なども実は重要です。横柄な担当者ですと単純に後々大変ですから話の分かる方を入居させたいのは致し方がない事です。またモラル的に少し敬遠されがちな事業を行っている場合難しいでしょう。

3.必要な情報をもらえない

弊社は問題がない会社ですので保証会社には入らないという企業様がいらっしゃいますが基本的に上場会社以外はほとんど連帯保証会社に加入を義務付けられます。強引に入居審査を求めても家賃の確保ができないという冒険は不動産屋さんはしてくれないでしょう。各々不動産屋によって審査の形状は異なりますが面倒だからと言って登記簿謄本、損益通算や貸借対照表などの必要書類を出さない場合は審査自体が行えません。

4.用途地域

これは不動産屋どうこうという問題ではなくそもそもその地域ではできない事業だという事です。これは見落としがちですが第一種低層住居では事務所部分50㎡以下で2分の1を居住のように供した場合に事務所として使用できるなどの取り決めがあります。これで審査を落とされたらどうしようもありません。

5.新規事業

会社はすべて信用でなりたっています。基本的に新規事業をされる方は審査に通りにくいという事になっています。しかしこれは絶対ではなく代表である方の資産、例えば通帳の残高、職歴などが信用にあたいするものである場合審査を通過する可能性があります。法人の信用がまだない場合、社長の信用を見るという事です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です